天然の歯・オールセラミック冠・プラスチック冠の

大きな違いは細菌のつきやすさです

お口の中では細菌はプラーク、バイオフィルムという塊で存在します

天然の歯の表面はエナメル質という成分でできており、柱状の結晶でうめつくされております。そのためバイオフィルム​がこびりつきます。

セラミックの表面は

​滑らかで、凹凸がありません。そのためバイオフィルムが非常につきにくくなっております。

​プラスチックの表面は

天然の歯よりも非常に

粗く、水になじみがいいためとても細菌が繁殖しやすくなっています。